カタログスタンド

導入した後の展開を考えてみましょう

パンフレットやカタログは大事な集客ツールですから、見せ方、つまりディスプレイ方法については気を配る必要があります。 たとえば、お店の入り口などに据え置きして、セルフ配布のスタイルを取る場合は、なお更気になります。 このとき、カタログスタンドを使用すれば、散らばらない、取りやすい、多くの人の目に留まるなど、多くのメリットがあります。 お店やオフィスにおいて、カタログスタンドの選定は慎重に検討しなければいけないことの一つです。 すなわち、このカタログスタンドを導入すれば、お店やオフィスがどのような展開になるのかを慎重に考える必要があるのです。 これほどまでに、導入時のカタログスタンドの選定、その後の上手な使い方は重要なテーマなのです。

カタログスタンドを選ぶときの注意点

カタログスタンドには、スチール製、ウッド製、折りたたみ式、回転式、キャスター付など、様々な種類があります。 これらの中から、お店の規模、カタログサイズなどを考慮して選ぶのが基本です。 白やグレーのスチール製スタンドは、機能的で清潔感があります。 カタログの紙オレが心配な場合は、プラスチック製がいいかもしれません。 カタログの種類が多い場合は、スタンドの段数・列数の多い大収納のカタログスタンドを選んでください。 さらにカタログの種類・枚数が多い場合は、段数・列数が多くかつ移動させやすいキャスター付のものを選んでください。 凝ったデザインのカタログスタンドは、インテイア家具としての役割を果たしてくれます。 高級感や落ち着きを強調したければ、ウッド素材のものもよいでしょう。 カタログの種類が多い、空スペースが少ないなどという場合は、場所を取らないタテ長のカタログスタンドをご検討ください。 頻繁にお店のレイアウトが変わるというような場合は、折りたたみ式カタログスタンドが便利かもしれません。 受け付窓口など小スペースに置くなら、段数・列数が1ないし2個の卓上スタンドがよいかもしれません。